ピルって一体どんなもの?

名前は聞いたことがあるけどいまいちどんな薬かわからない。使ってみたいけど副作用が心配…。そんな女性のために、当サイトではピルのメリットや使用方法をわかりやすく説明しています。

そもそもピルってどんな薬?

ピルは主に妊娠が可能な身体になっている女性に対して処方される医薬品であり、これを事前に服用しておくことでコンドームなどに頼らない避妊を可能にすることが出来るようになります。
しかし効果としてはそういうものだということはよく知られていても、その仕組みや、成分などについてはあまり知られていない部分があることは否めません。
こうしたことは「そもそもピルとはどんな薬なのか」という疑問になりますが、ではまずその成分についてみていきましょう。
ピルの成分として含まれるものには色々ありますが、特に重要になるのは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類です。
卵胞ホルモンは主に生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が増えるホルモンであり、効果としては子宮内膜を厚くする効果があります。
次の黄体ホルモンは妊娠を助けるおhるもんであり、主に排卵後から次の整理にかけて分泌され、妊娠を継続しやすい身体を作るのに寄与しています。
つまりこれらはむしろ「妊娠しやすくする女性ホルモン」なのです。
ではどうしてそのホルモンが入っているのに妊娠を予防する効果があるのかというと、これはピルが持つ仕組みが関係しています。
その仕組みと言うのが「排卵抑制効果」というものです。
女性が妊娠をするには排卵が行われて、その排卵に合わせて精子が入って来て、受精をすることが必要です。
しかし逆に言えば、排卵が行われていないのであれば、理屈の上ではどれだけ精子が入って来ても妊娠することはありません。
ここでポイントになってくるのが、排卵が行われるメカニズムです。
排卵は月経のサイクルの一つとして行われますが、これはホルモンバランスによってコントロールがされています。
しかし卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つに関しては経口摂取と言う形で身体に十分な量がありますから、それ以上身体で生産する必要はないというように脳は指令を出します。
すると卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つのホルモンを分泌するという刺激が無くなり、これによって身体は「排卵は行う必要はない」というように判断をするのです。
身体がそのように判断をすれば排卵は行われなくなるわけですから、結果として排卵は行われず、妊娠が出来ない状態になるのです。
ただこれはあくまでもピルによる効果ですから、一度服用をすると一生妊娠が出来なくなるというような物ではありません。
服用を中止すればまた妊娠できる体にサイクルが戻っていきますから、一時的に女性機能を休憩させる作用をもつものだというように考えておくことが必要です。