名前は聞いたことがあるけどいまいちどんな薬かわからない。使ってみたいけど副作用が心配…。そんな女性のために、当サイトではピルのメリットや使用方法をわかりやすく説明しています。

ピルによるがん予防と太る副作用

主に避妊に用いられる女性ホルモン剤を経口避妊薬といい、日本では一般的にピルと呼ばれています。ピルは女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されており、これによって排卵を抑制して、子宮頚管粘液の性状を変化させて精子の子宮内侵入を防いで、子宮内膜の変化をさせて受精卵の着床を抑制します。正しく服用した場合の妊娠確率はほぼ100%避妊するとされており、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに使用されています。
そのほかにも、ピルには良性乳房疾患や子宮がん予防、卵巣がん予防などの効果が認められています。また、女性ホルモンによってニキビの原因である男性ホルモンの抑制ができるために、ニキビの改善にも役立ちます。
がん予防に役立つ薬ですが、比較的少ないとはいえ命を落とす危険性のある副作用もあり、飲み始めに吐き気やむかつき、月経と月経の間に出血が見られたり、脳卒中などの血管が詰まる作用があるなどが上げられます。
ほかにもホルモン剤としての作用によって起こるのが、太ることになります。太る仕組みとしては、ピルは妊娠した状態と同じように体を変化させて避妊する薬になります。特に卵胞ホルモンは女性らしい身体を作る作用があり、皮下脂肪をつきやすくするため全体的に脂肪がついて太るようになってしまう上、黄体ホルモンが食欲を増進させて体に水分を溜め込む作用を働かせてより太ってしまうのです。
喫煙者が服用すると、循環器系の病気のリスクが高くなるともされており、大変危険です。
ピルを使用する場合には、メリットとデメリットをきちんと理解して、医師に飲み方などを説明を聞いた後に使用することをおすすめします。