名前は聞いたことがあるけどいまいちどんな薬かわからない。使ってみたいけど副作用が心配…。そんな女性のために、当サイトではピルのメリットや使用方法をわかりやすく説明しています。

ピルの服用と計算方法について

ピルとは女性が意図的に妊娠を回避するために服用する女性ホルモン剤です。
通常産婦人科を受診する事で処方されます。
ピルは服用するだけで女性の側から能動的に妊娠を回避できますが、避妊の効果を得るためにはまず自分の生理の周期を計算する事が必要となります。
使用方法は、生理初日を一日目とし、以後毎日一条ずつ決まった時間に薬剤を服用します。
飲み忘れると効果は激減するため、起きた後に飲む、朝食など決まった時間の食後に飲むなど、決まった時間に習慣づけて飲める方法を採る事が望ましいです。
飲み忘れたからといって後から計算し足りない分を飲んでも意味がありません。
また、ピルは避妊以外の方法でも使用されます。
重度の月経困難症や生理周期の安定などです。
この場合も基本的には婦人科の受診が必要で、血栓症や発がんのリスクがある事から定期的な検査を受ける事が義務付けられています。
その他、ピルにはモーニングアフターピルというものがあります。
これは他の避妊方法で失敗した場合、あるいはレイプなどの望まない性行為の場合に事後対応策として処方されます。
このモーニングアフターピルは計算上72時間内であれば女性の排卵を遅延させ、精子の着床の確率を低下させる事ができます。
しかし緊急用のため通常産婦人科で処方される低用量ピルに比べて副作用のリスクが高く、あくまでも望まぬ性行為による妊娠のリスクを後付けで回避する方法でしかありません。
近年では女性が社会進出し、かつ共働きが当たり前の社会です。
女性が第一線で働き続けるためには自主的に妊娠・出産について積極的にプランニングする必要があり、その点でもピルの服用は年々若い女性の間で広まってきています。