名前は聞いたことがあるけどいまいちどんな薬かわからない。使ってみたいけど副作用が心配…。そんな女性のために、当サイトではピルのメリットや使用方法をわかりやすく説明しています。

ピルの種類と飲み方について

ピルには、大きく分けて二つの種類があります。
「一相性」は、服用している間、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの割合が変わりません。
「段階型」は、割合が違う物を段階的に服用するという飲み方をします。
一相性には、「飲み間違いが起きにくい」という特徴があり、段階型には「総ホルモン量を少なくできる」「不正性器出血が起きにくい」という特徴があります。
もう一つのピルの種類の分類としては、「21錠入り」と「28錠入り」という分け方があります。
21錠入りは、1枚のシートに21錠が入っており、それを飲み終わったら7日間の休薬期間をおいて、次のシートを服用するという飲み方をします。
28錠入りは、休薬期間の後の飲み忘れを防止するために開発された物です。
最後の7錠には薬の成分が配合されていないので、休薬しているのと同じ状態なのですが、服用を習慣付けることができるため、飲み忘れが不安な人に向いています。
そして、ピルの飲み方にも二つの種類があります。
「Day1スタート」は、月経が来た初日から服用します。
服用を始めた日が分かりやすいというメリットがありますが、月経が始まった日をコントロールできません。
「Sundayスタート」は、月経が来た最初の日曜日から服用します。
カレンダーのとおりに服用すればいいので、飲み忘れが起きにくいうえ、週末の出血が回避できるので、デートや旅行などを気兼ねなく行うことができます。
ただし、最初の周期の服用を始めてから1週間は、他の避妊法を併用する必要があります。
そして、避妊の効果を保つためには、飲み忘れをしないことが大切です。
1日1錠を、決められた順番で、決められた時間に飲むようにしてください。